お知らせお知らせ

  1. HOME
  2. お知らせ

お知らせ一覧

ストレスフルな経営者に役立つ漢方の知恵 1月版

2017.01.20


(株)永寿屋本店薬局代表
マーシィー稲田薬局
漢方相談総責任者
薬剤師:北澤尚雄

ストレスフルな経営者に役立つ漢方の智恵(コレステロールに関する誤解 その1)

 

 血液中の脂肪成分が標準よりも多い高脂血症には、コレステロールが多いタイプと中性脂肪が多いタイプがあります。長い間、コレステロールの含有量が多い食品(たとえば卵など)を食べると、血液中のコレステロールの値が上がってしまうので食べる量を控える食事指導が行われてきました。しかし一昨年、血液中のコレステロールの値は、その人が口にした食べ物の中に含まれるコレステロール量とは関係がないという発表がありました。


人間は肝臓でコレステロールを合成します。先天性(家族性)の高コレステロール血症の人は別として、そういう生まれながらの病気を持っている以外の人(つまり普通の人)は、ちゃんと血液中のコレステロール量を調整する能力を持っていて、コレステロールが沢山入った食品を食べても、血液中のコレステロール値が即上がることにはならないのです。先天性(家族性)の高コレステロール血症の人以外は、少なくとも食事の中に含まれるコレステロール量を気にせずに、食事を楽しんで頂いてOKです。


 コレステロールは脂質の一種で、人をはじめ動物が生きていく上で必要不可欠な栄養素です。とかく悪者扱いされるコレステロールですが、細胞膜を作る上で大切な材料ですし、脂肪の消化に必要な胆汁酸や、性ホルモンの原料になったりします。コレステロール値が低くなると血管が破れやすくなったり、免疫力が低下するなどの弊害が生じます。鶏卵や魚卵に多く含まれ、赤ちゃん用の粉ミルクには、わざわざコレステロールが加えられているほど大切なものなのです。人間はコレステロールなしには生きられないのです。


 コレステロールは、人体では脳・神経系、筋肉などに多く蓄えられています。これは必要な部分にはそれに見合うだけの量があるということです。たとえば体重70kgの成人男性の場合、約140gのコレステロールが体内に存在するといわれています。2月もコレステロールに関する誤解の話を続けます。

機関誌1月号に関するお詫びについて

2017.01.04

新年早々に訂正とお詫びです。

 

既に会員皆様にお届けしました機関紙「ビジネスサポートながの1月号」の4-5ページが12月号と同じ内容のものを掲載してしまいました。

 

本来掲載すべきであったページについては、下段のとおりです。なお2月号を送付する際に同封する予定です。

 

会員皆様そしてご執筆の皆様にご迷惑をおかけしましたこと心よりお詫び申し上げます。



1月号4頁.pdf

1月号5頁.pdf

                  広報委員会・機関誌担当事務局 関幸司

年末年始休業のお知らせ

2016.12.28

12/29(木)~1/3(火)
1/4より業務開始となります。

12月のご挨拶 広報委員 牧野るり子

2016.12.19


広報委員 牧野るり子

早いもので12月も半ばとなりました。

 

私の職業柄(寒冷地の水回り、リフォーム専門店)お願いしたいことがあります。

年に一度は、特に雪の降る前のこの時期に排水トラップのお掃除をして頂きたいと思います。

 

台所、浴室のある外側に下水のマスがあるはずです。

(飯綱町のマスの蓋には「定期的にお掃除をしてください」と書かれています)

その蓋をあけてもらい、中を掃除してください。(下水に流さないようにお願いします)

 

新聞紙などを広げ汚れを落としてください。

こうすることにより排水のつまりや悪臭の予防、処理場の負担軽減につながります。

雪の積もる地域の方は特に雪が積もると排水のマスが見えなくなってしまいますのでお早めに。

 

また、外部に給水管、給湯管の立管がある方。

凍結防止帯が巻いてあると思います。

コンセントに電源が入っているか、サーモの通電ランプが点灯しているか、一度はご確認を。

 

私事ですが、初めて入院、手術を経験しました。

毎年健康診断をしているのに・・お恥ずかしい話です。

健康ってありがたいとつくづく実感しているこの頃です。

ですが、「規則正しい生活」が何より難しいことですよね。

みなさんもご自愛くださいませ。

知っておきたい税知識"ワイズ" 12月版

2016.12.15

Q当社は、従業員が住宅用として契約し賃借しているマンションの1部屋を、当該従業員の了解のもと、新設する営業所用に使用することとして、その家賃の一部を負担することになりました。

 

当社が負担する金額(従業員の家賃の一部)は、営業所用部分の家賃として従業員に支払いますので、課税仕入れに該当し、仕入税額控除の対象になると考えますが、いかがですか?

 

なお、当該マンション契約当事者間においては、住宅用の賃貸借契約のままとなっています。

 






ご質問の場合、営業所用部分の家賃としての支払いは、課税仕入れに該当しませんので、仕入税額控除の対象になりません。

 

(解説)

法人が直接、契約の当事者として、営業所等を賃借している場合は、その支払い家賃等が課税仕入れに該当することは当然です。

 

しかし、ご質問の場合のように、当該マンション契約当事者間においては、住宅用の賃貸借契約となっていることから、消費税法上は非課税の取引に該当しています。

 

たとえ、賃借人である当該従業員が、賃貸人の承諾を得ないまま、契約目的(住宅)以外である営業所等の用途に使用したとしても、当該マンション契約当事者間の契約を変更しない限り、課税仕入れに該当しませんので、仕入税額控除の対象とすることはできません。(消費税法基本通達6-13-8注書等参照)

 

 

監修: 関東信越税理士会長野支部所属

金井秀夫 山浦修 藤澤義章 平井幸光 渡邉隆行

お知らせ

  • お申し込み
  • 法人会とは?
  • 産業フェアin善光寺
  • 会報
  • セミナーDVD・CDレンタルサービス
  • ながの結婚支援サービス
  • 消費税法改正のお知らせ
  • 俺の私の不撓不屈
  • 長野法人女性部ブログ

一般社団法人 長野法人会
〒380-0904 長野市七瀬中町276(会議所ビル3F)
TEL 026-227-0011/FAX 026-224-2655

Copyright (C) 長野法人会. All Rights Reserved.